連珠とは 連珠…その起源
連珠の基本ルール
連珠の基本対局ルールと珠形
連珠運用ルール

●連珠…その起源●

連珠は、いつ頃、どこで生まれたのでしょうか?

かっては中国誕生説でしたが、これは「囲碁イコール連珠」という位置付けのもとに推定されていたにすぎません。事実、幕末の漢学者・土井ゴウ牙は
「中国ではその昔<格五>と称されていたと思われる」と考え、
「格五」の名を唱えたときもありました。

しかしその後の調査研究で「格五」は別の盤上ゲームであることが明らかになり
中国説は資料を失うことになりました。このような経緯を経て、史料として「連珠」の原形が現れるのはわが国が初めてであり、1700年代中頃となります。

二条家に出入りしていた鬢付油商・第10代桑名屋武右衛門がその人。

当時二条家では、「五石」(いつついし)と称されていましたが、出入り商人である第10代桑名屋武右衛門がこの技に秀でて、民間に伝わったとされます。

同家を中心に細々と打ち継がれていましたが、下って第13代桑名屋武右衛門が得に秀で、京都松原柳馬場に住んでいたことから、二条家より「松柳舎」の家名を賜り、安政3年(1856年)『五石定磧集』を著しました。

『五石定磧集』が発行されて以来、五石、格五(格伍)、五目並べ、五法、
五聯、京碁などさまざまに呼称されるなど流派ごとに異なりましたが、
大きな発展を遂げ、解説書も数多く発行されました。

その後、
「噫無情」「巖窟王」などの翻訳で知られる黒岩涙香がこの技に興味をもち、
自らの発行する『萬朝報』(明治25年刊)に同32年9月から「五目並べ必勝法」を
連載します。半月もたたない内に、実践譜を掲載せよとの声が沸き起こり、
同年10月2日、実践譜が同紙に掲載されます。

このように発展を遂げたのですが、囲碁の余技として派生した感は否めず、
統一した名称の必要性と一般から
侮蔑されやすい名称の解消が論議されることとなりました。

明治32年秋、高山互楽(黒岩涙香の号=のちの第一世名人)は、
それまで用いられていた「五目並べ」等は軽蔑されやすいのを遺憾とし、
その解消に乗り出し、同年12月6日『萬朝報』紙において、「聯珠」(現在は「連珠」)と称すると発表したのです。

その後、「連珠」の名称が定着するまで幾多の紆余曲折がありましたが、
いまでは世界のRENJUとして、35カ国にその勢いを広げています。
とくに昨今は、インターネットを通じての国際対局が花盛りで
大いなる発展を期待されているところです。